ボロブドゥールとプランバナン

インドネシア、ジャワ島の旧都ジョグジャカルタから42キロのところに、9世紀頃、壮大な大乗仏教の仏塔遺跡「ボロブドゥール」があります。

ボロブドゥール遺跡全

遺跡頂上部分                       

             ボロブドゥール遺跡のレリーフの特色
 前ページでも触れたように、ボロブドゥールは、南方の島にありながら、純粋な大乗仏教の遺跡です。そのことは、仏塔全体を覆う壁面のレリーフを見るといよいよはっきりします。かつて補強のためか、基檀を擁壁で埋めつくしていますが、その一部を掘ったところ、『分別善悪応報経』による160面のレリーフがあることが分かりました(今はその一部しか見れません)その上部に、4つの回廊が巡っています。第一回廊は、上段が仏伝、下段がジャータカのレリーフが張り巡らされています。仏伝も、南伝上座部系ではなく、『方広大荘厳経』北伝の伝承になる詳細な仏伝のシーンが細かに描かれています。また、下段のジャータカも、『アヴァダーナ』『本生譚』など、北伝系の伝承になるものです。第2〜3回廊は『華厳経』入法界品にある「善財童子」の53人の善知識求道物語です。第四回廊には、『華厳経』のほか『普賢行願讃』のレリーフがあります。
 第一〜四回廊の上にある欄楯の龕には、東西南北に阿弥陀仏などの四仏を配するなど、密教的構造にもなっています。こんな南の島にどうして北伝仏教が伝わってきたのか実に不思議ですが、私は、おそらく、当時大乗仏教や密教が盛んだったインドのオリッサ地方から、海路を経て直接この島に大乗仏教が伝わったのだろうと推測しています。
現在見ることのできる全てのレリーフや仏像などは全て下記の図書に紹介されていますので、興味のあるかたはそちらを参照ください。
 宇治谷祐顕『甦るボロブドゥール』アジア文化交流センター1987年刊

 ちなみに、南方上座仏教には伝わらなかったジャータカで『アヴァダーナ』や『パンニャーサジャータカ』に収録されている「スダナとマノーハラー物語」の一部レリーフの写真を紹介しておきます。

  スダナとマノハラー物語(羽衣伝説のルーツともなる物語)第1回廊の下段レリーフ
   キンナリー(かわいい鳥の精)の王女マノーハラーとパーンカーラ国のスダーナ王子との結婚生活に対する種々の妨害を克服してハッピーエンドに終わる純愛物語。

  スダナ王子の狩猟への旅たち      スダナと猟師に捕らえられたキンナリー・マノーハラー王妃の対面            


マノーハラーに恋着する王子を心配するパンカーラ国内の予言者と王子の対話
                                        王宮でのマノハラー殺害の謀議

この部分は上記の物語の前の話ですが、レリーフでは中途に入っています。


下半身鳥の王妃が猟師に捕えられる   キンナリーのマノハラー姫が猟師に囚われの身となる

マノハラーに恋着する王子を彼女から離すため、予言者が王に、王子を戦場に行かせるよう進言する。
王子が留守の間に、謀略によりマノーハラーは殺されようとするが、王妃の加護で、天のキンナラの国に飛んで帰る。

戦場から帰った王子は、彼女のいないことを知り、キンナラの国に探しに行く。そのとき、マノハラーに彼が来たことを知らせるため、彼女の沐浴用の水を汲みに来た侍女の水瓶に指輪を入れる

スダナ王子の来たことを知ったマノーハラーは父王に告白する。王は、スダナに様々な困難な課題を課す。ここは弓矢の技能を試すところである。他にも同じ姿の千人の美女の中からマノーハラーを選ばせる試練も克服する。その結果、スダナはキンナラの王に認められ、キンナラのマノーハラーと結婚し、キンナラの王子となる。



プランバナン遺跡

プランバナン・ロロジョングラン遺跡正面         森の中に浮かぶロロジョングラン遺跡

9世紀のジャワ島では北部を仏教王国シャレインドラ王朝に、南部はヒンドゥー教国マタマム朝に支配されていた。後者であるプランバナンには、仏教の影響も認められる。中央はシヴァ寺院で、シヴァ神をはじめ多くのヒンドゥー教の神々が祭られている。この寺院の形といい、また、神々の像といい、アンコールワットのような土着文化の影響はほとんど見られず、純粋のインド文化が海路を経て直接にこの島に伝わったことがよくわかる。インドの文化が東南アジアの人たちにとってどれだけ魅力的だったのか、よく分かる遺跡である。

ジャワ島に伝わる伝統的影絵芝居「ワンヤクリ」
演題はインドの叙事詩「マハーバーラタ」

芝居正面                      ワンヤクリの裏舞台

                   

戻る